MENU

フラグメントケースの使い方とは?フラグメントケースって何??どうやって使う?

シンプリストやミニマリストの間で、フラグメントケースが人気になっています。

でも、フラグメントケースって何??どうやって使うの??

そんな疑問はありませんか??

今回は、フラグメントケースとは?どうやって使うのかについてご紹介します。

この記事で分かること
  • フラグメントケースとは何か?
  • フラグメントケースの使い方
  • フラグメントケースを実際に使ってみた感想
  • フラグメントケースのオススメ理由
  • フラグメントケースをオススメしない人
  • フラグメントケースのオススメの選び方
目次

フラグメントケースとは??

フラグメントケースとは、小さなお財布です。
コインケースのようなファスナーポケットがパスケース部と一体になったタイプのものや、お札が入るようなタイプがあります。

フラグメントケースのフラグメントには、下記の意味があります。

破片、断片、かけら

引用元:weblio https://ejje.weblio.jp/

フラグメントケースの使い方

カードケースとして使う

フラグメントケースは薄型&複数のカードを入れることが可能です。

メインの財布を持ちながら、カードケースとして使うことも出来ます。

両面にカードを入れることが出来るフラグメントケースもあるため、薄いながらも複数のカードを持ち歩くことが可能です。

カードケースとキーケースとして使う

フラグメントケースには、ファスナーの付いたポーチ部があります。

そのため、その部分に鍵を入れておくことができます。

お財布として使う

お札や少額の小銭をフラグメントケースのファスナー部に入れることで、お財布として使うことが可能です。

また、フラグメントケースの中には、お札を折らずに入れられるようなポーチ部のフラグメントケースもあります。

フラグメントケースを実際に使ってみた感想

私のフラグメントケースは2代目です。

1つ目のフラグメントケースは壊れてしまったため、2代目を愛用しています。

~Coming Soon~
実際に使っているフラグメントケースをレビュー

身軽になれる

フラグメントケースを持つことで、お財布のサイズが小さくなり、バッグのサイズを選ばずに持ち歩けるようになりました。

特に、スマホショルダーに入る財布としては、超優秀!!

カードも入るし、お札も、小銭も入れられたからです。

サブ財布としても優秀

メインとサブとお財布を分けたいことってありませんか??

私はあります!!

例えば、家族からお金を預かって買い物をする時、生活費とプライベートの費用で分けて持ち歩きたい時、何か用の予算として分かるように分けておきたい時。

このような時に、メインとサブの財布として分けて使うことが可能です。

嵩張らず、それでいて必要分を持ち歩けるため、持ち物が増えすぎず楽ちんです。

生活スタイルが変わった

お財布として使えると言え、持ち歩けるお金の容量は限られています。

そのため、持ち歩くお金を事前に考えてから出掛けるようになりました。

買うものを事前にリサーチしたり、おおよその予算を計算しておき、必要な額だけのお金を持ち歩いたりするようになりました。

また、キャッシュレス決済も前向きに考えられるようになりました。

フラグメントケースのオススメ理由

持ち物が減る

元々長財布がメイン財布でした。

そのため、持ち歩けるだけカード類を財布に入れていました。

しかしながら、フラグメントケースに変えることで、その日に必要なお金やカード類を厳選して持ち歩くようになりました。

キャッシュレス決済に便利

長財布はファスナー付きのラウンドタイプを使用していました。

そのため、お財布を取り出して、キャッシュレス決済するまでには、ファスナーを開け、財布を開け、カードを取り出す必要がありました。

しかしながら、フラグメントケースは取り出せば、タッチ決済であればそのまま決済することも可能です。

種類が豊富

一言でフラグメントケースと言っても、色んなタイプのフラグメントケースがあります。

例えば、私が持っているタイプであれば、カードの枚数が◎枚入り、小物入れのようなファスナー部があります。

そして、サイズ感は定期券より少し大きめ。

他には、ファスナー部のポーチがしっかりしたタイプや、お札を2つ折りの財布のように入れられるタイプ。

また、お札を折らずに入れられるような細長いフラグメントケースもあります。

男女共に人気があるため、女性用・男性用・ユニセックスタイプとデザインも豊富です。

~coming soon~
オススメのフラグメントケースを紹介します。

フラグメントケースをメイン財布として、オススメしない人

お財布の中を減らせない人

フラグメントケースに入れるものは厳選する必要があります。

そのため、今持っているお財布の中を減らしたり、厳選したりすることが出来ない方には、フラグメントケースはオススメ出来ません。

小銭をジャラジャラ持ち歩きたい人

メインの財布とは別に小銭入れを持ち歩きたいくらい小銭を沢山持つような方は、フラグメントケースだけではお財布として使うのは難しいでしょう。

ポイントカードがないと不安な人

出掛け先で使わなかったとしても、ポイントカードを持っていないと落ち着かない人には、フラグメントケースをメイン財布にすることはオススメではありません。

もちろん、ポイントカードを入れられないわけではありませんので、カードを厳選することで使うことも可能です。

また、アプリタイプのポイントカードもあるため、この機会に導入しよう!という人には、むしろフラグメントケースを使っていただきたいと思います。

フラグメントケースのオススメの選び方

様々なタイプのフラグメントケースがありますが、今回は私がフラグメントケースを選ぶときに意識したポイントをご紹介します。

①使い方を明確にする

何のためにフラグメントケースを持ちたいのか。

これをはっきりさせておくことが失敗しないフラグメントケースを選ぶコツです!

私は、ミニバッグに入れて出掛けることがメインの使い方として決めていました。

②キャッシュレスと現金のバランスを考える

使い方によっては、キャッシュレスや現金のバランスが異なることがあります。

例えば、近所のコンビニと夏祭りとでは、キャッシュレスと現金で用意するバランスが変わりませんか?

私はミニバッグを持って出掛けることを想定し、キャッシュレスと現金のバランスには、お札も入れられ、小銭も持ち歩ける程度に考えていました。

③フラグメントケースを手に入れたい理由を明確にする

フラグメントケースを見ていると、ついついお財布も目に留まります。

①お財布ではなく、フラグメントケースを選ぶ理由は何か。

②お財布でも良いのか。

この2点を念頭に置いて、フラグメントケースを選ぶようにしていました。

長財布がメイン使いと言うこともあって、お札の取り出しづらさ問題と省スペースのどちらを選ぶのか、を私は悩みました!

持っているミニバッグで一番小さなバッグに入るサイズのお財布が欲しかったから!との理由を思い出し、フラグメントケースを選ぶことが出来ました。

さいごに

以上、フラグメントケースの使い方とは?フラグメントケースって何??どうやって使う?でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる