MENU

キャッシュレス決済の使い過ぎを防止する方法とは?実践した方法をご紹介します!

キャッシュレス決済が一般的になりましたね。

キャッシュレス決済が便利なのは分かるけど、使いすぎが心配!!

いくら使ったか分からなくなるのは怖い

こんなお悩みはありませんか?

今回は、使い過ぎが心配だった私がキャッシュレス決済での使い過ぎを防止できた方法をご紹介します。

結論、キャッシュレス決済でも使い過ぎは防げます!!

目次

キャッシュレス決済の使い過ぎを防止する方法

キャッシュレス決済の使い過ぎを防止するには、プリペイドタイプのキャッシュレス決済がオススメです。

キャッシュレス決済と言っても、必ずしもクレジットカードのような後払いだけではありません。

私自身、プリペイドタイプのキャッシュレス決済を知ってからはキャッシュレス決済に前向きになれました。

事前に使う金額を決めて、入金して使用するため、使い過ぎる心配がないんです‼‼

プリペイドタイプのキャッシュレス決済とは?

チャージ式・事前払い・前払い式などの言い方の決済方法です。

JR西日本の交通系カードのICOCAやイオングループが提供しているWAONもプリペイドタイプのキャッシュレス決済と言えます。

大阪や兵庫、京都在住であれば、ICOCAは使いやすいキャッシュレス決済です。

実際、ICOCAは駅周辺だけでなく、近くにJRがないイオンでも使用することが出来ました。(注:全てのイオンで確認したわけではありません)

とは言え、交通系ICカードなので使用できる範囲は限られています。

実は、それ以上に便利なキャッシュレス決済がありました!!

ICOCAより便利なキャッシュレス決済-VISAプリぺを利用する

SMBCが発行しているVISAカードの1つに、VISAプリぺというカードがあります。

実際、私はこのVISAプリぺを使用しています。

>>三井住友 VISAプリぺの公式サイト<<

クレジットカードで有名なVISAと同じように使えるプリペイドタイプのクレジットカードです。

まさかクレジットカードがチャージ式で使えるなんて知らなかったので、知った時はびっくりしました。

VISAなら利用可能なお店も多いので、使いやすいキャッシュレス決済です!

VISAプリぺのメリット・デメリット

VISAプリぺを実際に使用してみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

VISAプリぺのメリット

VISAプリぺのメリットは、下記の5つです。

  • チャージ以上には使えないから、使い過ぎない!
  • ICOCAと違って、ネット通販も出来る!
  • 支払ったらメールにお知らせがくる!
  • VISAだから使えるお店が多い!
  • 「タッチ決済」にも対応!

チャージされている金額以上には使えない

チャージ金額以上の支払いをしたことはないのですが、私は銀行と紐づけはしていないので、チャージ金額以上に引き落とすということは出来ません。

なので、あらかじめ使う金額を決めてチャージさえしておけば、それ以上には使えないと言うこと!!

後払いのクレジットカードだといくら使ったのか分からなくなることもありますが、これなら事前に使う金額を決めて利用することが出来ます!

ネット通販できる!

交通系ICカードのICOCAとは違い、通常のクレジットカードと同じようにネット通販での利用も可能です。

ネット通販だと、クレジットカード決済以外は手数料がかかることもあります。

とは言え、後払いだと使いすぎが心配!!なんて方には、オススメです。

支払ったらメールにお知らせが来る!

設定していると、チャージや支払い後に、メールにお知らせをしてくれます。

どこのお店で、いくら使って、残高がいくらなのか。をお知らせしてくれます。

チャージ残高を忘れても、メールを削除しなければ確認することが可能です!

VISAだから使えるお店が多い!

VISAプリぺを持つまでキャッシュレス決済を意識してこなかったので知らなかったのですが、本当にVISAが使えるお店って多いんです!!

もちろん、他のクレジットカード会社と言うこともありますが、キャッシュレス決済でVISAだけ使えるというお店も見かけました。

たまたま利用したお店がVISA非対応ってこともありましたけど 笑

それでも、キャッシュレス決済として選んだツールとして、VISAって使えるお店が多いなぁって感じています!

「タッチ決済」にも対応

VISAプリぺはタッチ決済にも対応しています。

憧れるんだけど、まだタッチ決済させてもらえていません><

でも、カードには「タッチ決済」対応のマークがあるので、お店側が対応してくれれば出来るようになるよね!!

VISAプリぺのデメリット

VISAプリぺのデメリットは下記の3つです。

  • チャージが面倒に感じる
  • チャージ出来る場所が限られている
  • SMBCのクレジットカードと間違えやすい

チャージが面倒に感じる

クレジットカードはチャージが不要のため、慣れるまではチャージしないと使えないことへ煩わしさがあります。

正直、私は慣れても煩わしくもありますが 笑

チャージすることが手間ではなければ、使い過ぎ防止にはオススメのキャッシュレス決済です♪

チャージ出来る場所が限られている

チャージ可能な場所は、セブン銀行のATMとローソンのレジにて可能です。

もちろん、クレジットカードやインターネットバンキングでのチャージも可能ですが、これだと使いすぎ防止するという点では意味がありません。

とは言え、近くにセブン銀行のATMもローソンもなければ、チャージできないので不便!!

と言うことで、デメリットです。

SMBCのクレジットカードと間違えやすい

残高確認やカードの確認のために、サイトログインをするとき、SMBCのクレジットカードとしてアクセスすると、ログインすることができません。

実は、何度か三井住友のクレジットカードとして検索して、ログインできなくて混乱しました。

VISAプリぺは、VISAプリぺとして検索する必要があります。

同じようなことをしそうな人は、事前にブックマークをしておきましょう!

さいごに

以上、キャッシュレス決済の使い過ぎ防止についてでした!

いかがだったでしょうか?

ぜひキャッシュレス決済にして、フラグメントケースをお財布にしませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる